しびれが残る脊柱管狭窄症~リハビリやストレッチを学ぶ~

病棟

がん治療の新しい方法

医者

NK細胞療法は、がん治療の新しい方法として、近年注目されているのがナチュラルキラー細胞(NK細胞)を利用した治療法です。副作用が少ないことで注目されており、三大治療法(手術、放射線治療、抗がん剤治療)との併用治療で一層治療効果が高まります。

Read More...

腰や首のしびれや痛み

半年ほどの期間を要する脊柱管狭窄症はリハビリで症状を改善できます。自宅で簡単に行えるので病院に通い続ける必要はありません。

これまで多くの実績を持っています。聴神経腫瘍の医院はこちら。丁寧な治療を進めてくれるので安心ですよ。

痛み、しびれの原因

肩こり

脊柱管狭窄症という病気は、脊椎を通っている神経が慢性的に圧迫されるという状態のことを言います。症状としては神経が圧迫されているところの痛みや、下肢の浮腫やしびれ、などが出てきます。特に腰の脊柱管狭窄症になると立ったり、座ったりする動作が非常に大変になり、歩き続けるのも困難になることもあります。症状が酷い方は、排尿障害が出てきてしまうこともあります。頸部に関しては、手足のしびれやだるさなどの症状が出てきます。では、脊柱管狭窄症とは何が原因となって症状が出てしまうのでしょうか。主な原因として考えられているのが加齢です。ですが、加齢に以外にも腰椎椎間板ヘルニアや頸椎椎間板ヘルニアなどが関係して、脊柱管狭窄症の症状が出る場合もあるのです。ヘルニアとは若い方から高齢の方までは幅広い年齢層でなることがある病気なのですが一体脊柱管狭窄症どいういった関係があるのでしょうか。

病気の関係性と治療法

そもそも、椎間板ヘルニアという病気は、腰部であれば、腰骨の間に椎間板というクッションのようなものがありそのクッションが骨の間からはみ出して神経を圧迫し痛みが出てしまう症状のことを言います。この症状の原因は腰に負担をかけすぎたり、過度なスポーツをしたりなどすることにより出てしまいます。頸椎も同様であり、長時間同じ姿勢で首に負担をかけたりすると症状が出てしまいます。こいうった症状が更にひどくなり、脊柱管狭窄症も引き起こしてしまうこともあるのです。治療法としては、ストレッチや体操といったリハビリ運動や、器具を使ったリハビリ主に、牽引や温熱治療などがあります。また腹筋インナーマッスルを鍛えることで腰に負担が掛からないようにするリハビリ方法などがあり、様々なリハビリ方法で症状が軽減されると言われています。

保有成分や健康促進効果の説明も記載されています!自律神経失調症改善サプリの摂取を検討中であれば、このサイトを一度見ておくと良いでしょう。

地域密着の医療を実践している平野区の病院では、ケアプランセンターを運営しています。介護相談や介護支援を行なっています。

城東区の内科病院では通院できない患者さんのために、訪問診療も実践しています。地域に密着した医療を行なっている信頼できる病院です。

身近になった病気

バスト

授乳経験がないと、乳がんになるリスクは高まります。近年、生涯未婚率が上昇しているので、今後は乳がんになる人が増えてくるでしょう。しかし、昔ほど怖がられる病気ではなくなっています。

Read More...

近年増加している癌

医者

大腸がんは食の欧米化により、近年急速に増加しているがんです。また主な原因として食生活、遺伝、飲酒があげられます。大腸がんの予防として便通を整える為に食物繊維が多く含まれた食材を摂ることが重要です。適度な運動を心掛けます。

Read More...